シンポジウムレポート 2017.7.24-25 「近世期絵入百科事典データベース公開記念-書物にみる絵とことばの350年」

国際シンポジウム

「近世期絵入百科事典データベース公開記念-書物にみる絵とことばの350年」

開催報告

代表者 石上阿希 特任助教
開催者 主催:国際日本文化研究センター

後援:機関拠点型基幹研究プロジェクト「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」、広領域連携型基幹研究プロジェクト「異分野融合による「総合書物学」の構築 日文研ユニット「キリシタン文学の継承:宣教師の日本語文学」

共催:科研費若手研究(B)「18世紀上方・江戸における出版と都市文化の関連性-西川祐信を中心として-」

開催期間 平成 29年 7月 24・25日(月・火)
開催場所 国際日本文化研究センター 第一共同研究室
 

内 容

 

 

成 果

 本シンポジウムは、国際日本文化研究センターで構築している「近世期絵入百科事典データベース」の公開を記念して、江戸初期から近代に至るまで書物を介した知識・情報の伝播と展開について文学、美術、意匠、教育など様々な視点から考察を行うことを目的としたものである。

パネル1「近世期における絵入百科事典的書物」では、1666年頃刊行された『訓蒙図彙』を中心に、森羅万象の事物を網羅的に編纂した書物について発表を行った。勝又基氏は『訓蒙図彙』を浪人文学、豪華本、辞書、日本風俗画といった多様な視点から分析した。マティアス・ハイエク氏は『訓蒙図彙』が「モノ」にこだわり、実物を見てその形状を写す方針をとっていたのに対し、『和漢三才図会』は名に見えないものも図にしていたことを指摘した。また、加茂瑞穂氏は『訓蒙図彙』の形式を模倣した「訓蒙図彙もの」書物の一例として『武具訓蒙図彙』を取り上げ、書物と工芸、装飾品との関連を報告した。

パネル2「子どもと学び」では、『訓蒙図彙』がそもそも幼童向けの啓蒙的書物として作られた点に着目した。辻本雅史氏は、貝原益軒の和文著作は実践・実用書として刊行され、大衆から支持を得たこと、それらの書物から見えてくるものは身体から心に向かう益軒の教育論であると指摘した。また、鈴木俊幸氏は「子ども向け」書物の原本を回覧しながら、絵を読むためのリテラシーが必要だった点を指摘し、「子ども向け」でありながら子どもだけに向けて書物が作られていたとはいえない実態を確認した。

パネル3 「異国と日本-伝達経路としての書物」では、書物という経路によって異国から日本、あるいは日本から異国へ情報、教養が伝達していく事例を確認した。松田清氏は、舶載蘭書の挿絵・図版利用の具体例を提示しながら、蘭学勃興期から衰退期にかけて日本人の蘭書受容の段階を示した。また、タイモン・スクリーチ氏は、蘭医学書-特に『解体新書』の挿絵とテキストに着目し、医学的需要だけではなく、哲学的理解の広がりもあったことを指摘した。陳捷氏は、文字のみでの理解に加えて視覚的理解を促すために図解書物が作られていったことを『詩経』と日本人によって作られた「詩経図」を取り上げてその変容を分析した。また、陳力衛氏は、バタヴィアで宣教活動をしていたイギリス人宣教師メドハーストが、『英和和英語彙』を編纂するにあたって、『増補頭書訓蒙図彙』を参考にしていたことやその日本語理解に本書の図や漢字表記が大きく貢献していたことを報告した。

パネル4「図と語の収集・分類」では、伝統や前時代の知識が、書物やデータベースによって継承されていく様相を考察し、「近世期絵入百科事典データベース」が今後どのような役割を果たせるのか、問題提起を行った。定村来人氏は、河鍋暁斎が明治期に欧米人という新規読者に向けて、英語と日本語が混在する新しい画譜のスタイルを確立し、伝統と現代をつなげていったことを報告した。伊藤慎吾氏は、日文研の妖怪データベースが現代の創作活動にどのように利用されているのか、ライトノベルを中心に事例を紹介し、研究支援だけではないデータベース利用の実績と可能性について指摘した。石上阿希は、古典籍のオープンデータが進む中で多機関の資料を検索出来る「近世期絵入百科事典データベース」の構想と目的について、実際のデータベースを基に報告した。

各パネルにおいて会場の参加者を交えて多岐にわたる議論が行われ、『甲子夜話』の肉筆画のデジタルアーカイブ化についての提言など「近世期絵入百科事典データベース」の今後の展望を考える上で有意義な議論となった。

 

 

参加者数 国内研究者 国外研究者
61 名 5 名 66 名

近世春画班研究会①レポート

研究代表者: 石上阿希

開催期間 :平成 29 年 6 月 23 日(金)

開催場所: 国際日本文化研究センター 図書館

報告:
本研究会では、東京・京都の摺師、彫師と協働で日文研所蔵鳥居清長筆「袖
の巻」の復刻を進めている。今回の研究会では、彫の作業が進んでいる一図
について、摺見本と原本とを比較し、彫・摺作業の校正を行った。江戸時代
の技術に対する理解を深め、その成果を再び彫・摺作業に還元するために、 浮世絵研究者と職人との間で彫・摺について議論を行った。

出席者:9名
渡辺和夫(渡辺木版)、 高橋由貴子(株式会社 高橋工房)、 朝香元晴 (匠木版工房)、 佐藤景三(佐藤木版画工房)、 北村昇一(北村木版工房)、 中山誠人(佐藤木版画工房)、 早川聞多(日文研・名誉教授)、 石上阿希(日文研・特任助教)、 今井秀和(日文研・機関研究員)

プログラムPDFはこちら

2017.7.24-25 シンポジウム「近世期絵入百科事典データベース公開記念-書物にみる絵とことばの350年」

日程: 2017年7月24日(月)13:00-17:40
      2017年7月25日(火)10:00-17:50
主催: 国際日本文化研究センター 
場所: 国際日本文化研究センター 第1共同研究室 
参加対象者: 研究者 
使用言語: 日本語(通訳なし)
お問い合わせ・連絡先: kenkyo*nichibun.ac.jp 
     (*を@に置き換えてください)
シンポジウムチラシ

2017.7.29 近世班 H29年度研究会①/シンポジウム

【日程】 近世班2017年度第1回研究会

H29年7月 29日(日) 11:00 開始

「妖怪データベースからの創造

-公開15周年記念シンポジウム」

14:00-16:30

【会場】 シンポジウム:日文研ホール

総合討論:第3共同研究室

【対象者】 シンポジウム:先着500名(申し込み不要)

研究会:研究者・専門分野関係者

【備考】 お問合先:大衆文化プロジェクト推進室

taishu_staff*nichibun.ac.jp

プログラムPDFはこちら

シンポジウムチラシ

近世班研究会②レポート

研究代表者 小松 和彦
開催期間 平成29年3月18日(土)
開催場所 国際日本文化研究センター  第5共同研究室
内容

成果

近世班の第2回研究会として、リーダーの小松和彦から参加者に向けて、大衆文化プロジェクト全体の構想および第1回研究会の成果報告、さらに今後の展開および具体的な開催予定に関する説明が行われた。その後、国内からの2名の報告者による報告を得た。

 報告1の貞包英之(山形大学 准教授)「朝顔の予言・再考 ―消費を考える」は、これまで報告者が蓄積してきた18、19世紀の消費をめぐる歴史社会学的な議論を下敷きとし、放蕩や趣味といった広義の「消費」活動についての考察を展開した。そして、庶民層にまで園芸趣味が普及していく過程で「黄色い朝顔」などの幻想的な商品が創造されていく文化的な現象の中に、その後、本格的に訪れることになる消費社会の先触れとしての意味が汲み取れるのではないか、という興味深い視点が提示された。

報告2の横山泰子(法政大学 教授)「三遊亭円朝の怪談噺における近世と近代」は、円朝怪談の後世への影響をも射程に収めた上で、円朝を、江戸四大怪談の半分(牡丹燈籠、累ヶ淵)を「完成」に導いた存在として怪談文化史上に位置付ける試みを行うものであった。報告者は円朝『牡丹燈籠』を例にとり、中国古典における原話が日本を含む東アジア各国へ伝播・変容したことや、近代以降、円朝『牡丹燈籠』が複数言語に翻訳されていることなどを挙げ、円朝を1つの核とした通時的な怪談研究の可能性を示した。 

総合討論では近世期における「消費」と、怪異を含む大衆文化との関わりについて活発な議論が行われた。そして、博物学的意味を帯びた本草学の流行、「変化」(奇品)を求める園芸植物の流行、小型愛玩動物の流行などが、近世期における「妖怪」の爆発的なバリエーションの増加とも軌を一にしているであろうことが確認された。また金銭のために人を殺める怪談の一般化や、金銭を払って擬似的に「恐怖」を愉しむ社会の成立など、近世における消費活動と怪異・妖怪文化との関わり合いが、今後近世班が大衆文化について考えを深めていく際のひとつの指標として出席者間に共有された。総合討論に参加したコメンテーターは以下の通りである。香川雅信、近藤瑞木、佐々木高弘、朴銓烈、福原敏男、マーク・オンブレロ、安井眞奈美、永原順子。

出席者

 

【出席者】

名前 所属先名 職名
香川雅信 兵庫県立歴史博物館  主査/学芸員
近藤瑞木 首都大学東京大学院都市教養学部 准教授
横山泰子 法政大学 教授
安井眞奈美 天理大学文学部 文学部歴史文化学科 考古学・民俗学専攻 教授
永原順子 高知工業高等専門学校総合科学科 准教授
マーク・オンブレロ 関西大学教育推進部 特別任用准教授
福原敏男 武蔵大学 人文学部 教授
佐々木高弘 京都学園大学人文学部 教授
貞包 英之 山形大学 准教授
朴銓烈 中央大学校 名誉教授
小松和彦 国際日本文化研究センター 所長
今井秀和 国際日本文化研究センター 研究補助員
徳永誓子 国際日本文化研究センター 技術補佐員
     
     

 

 

2016.10.12-13 キックオフミーティング開催のおしらせ

機関拠点型機関研究プロジェクト
「大衆文化の通時的・国際的研究による新しい日本像の創出」
キックオフ・ミーティング
於:国際日本文化研究センター 第1共同研究室

10月12日(水)

Time table 報告者 タイトル(報告内容)
10:30~10:45 挨拶・趣旨説明  小松所長(日文研所長)
第1セッション 司会:荒木 浩
10:45~11:45 楊暁捷(カルガリー大学教授) 物語る絵とその変容–絵巻の射程–
11:45~12:05 コメント/古代・中世班についての説明
コメンテーター:荒木浩(日文研教授)
12:05~13:15 ランチタイム
13:15~13:25 大塚英志(日文研教授) 絵巻など伝統文化とまんが・アニメを結びつける議論の問題点について
13:25~14:10 山本忠宏(神戸芸術工科大学助教) 絵巻まんが家の教育実践、スクロール型webコミック開発の報告
14:10~14:30 山路亮輔(webアニメーター) webにおけるまんが表現の最適化実験-横スクロールから3Dコミックまで
14:30~14:40 コメント
コメンテーター:宣政佑(出版企画会社コミックポップ・エンターテイメント代表)
14:40~15:10 ディスカッション
ディスカサント:山本陽子(明星大学教授)
15:10~15:40 休憩
第2セッション 司会:大塚 英志
15:40~15:55 現代班の方針についてプレゼンテーション 説明者:大塚英志(日文研教授)
15:55~16:25 浅野龍哉(北京外国語大学日本人教師/漫画家) 中国におけるまんが教育の報告-日本まんがの方法で何が普遍化できるのか
16:25~16:45 コメント
コメンテーター:秦剛(北京外国語大学教授)
16:45~17:15 ディスカッション
17:15~17:30 デモンストレーション
「物語論を応用した通信制高校課外授業用e-ラーニング教材」
「怪談自動生成人工知能kataribe」
説明者:大塚英志(日文研教授)
18:00~ レセプション(レストラン赤おに)

10月13日(木)

Time table 報告者 タイトル(報告内容)
第3セッション    司会:小松 和彦
10:00~10:40 三宅俊夫(ヴェネツィア カ・フォスカリ大学准教授)  ソトからみた日本の大衆文化―妖怪を中心にー
10:40~11:20 今井秀和(日文研機関研究員)  近世の海外知識と海の妖怪
11:20~12:00 コメント
コメンテーター:朴銓烈(中央大学校名誉教授) / 永原 順子(高知工業高等専門学校准教授) / マーク オンブレロ(関西大学特別任用准教授) / 香川 雅信(兵庫県立歴史博物館主査/学芸員) / 近藤 瑞木(首都大学東京大学院准教授) / 安井 眞奈美(天理大学教授)
12:00~13:00 ランチタイム
第4セッション    司会:細川 周平
13:00~14:20 永原宣(マサチューセッツ工科大学准教授) メディアミックスとしての東京行進曲と流行歌論争
周東美材(東京大学特任助教) 少女歌手の産業化――童謡を事例として
コメント/近代班についての説明
コメンテーター:細川周平(日文研教授)
14:20~15:20 桝井省志(映画プロデューサー/東京芸術大学教授)
北浦寛之(日文研)
映画プロデューサーの視点からの映画業界と大学での教育
15:20~15:40 ディスカッション
15:40~16:00 休憩
16:00~18:00 全体討論 司会:稲賀 繁美(日文研教授)